カナガンキャットフードのオススメの猫・オススメできない猫とは・・・

カナガンキャットフードはどんな猫に合ってるのかな?

私の猫ちゃんにも適しているのだろうか?と購入前には不安になりますよね。

 

せっかく購入するなら愛猫にぴったりのフードをあげたいのは飼い主様なら皆そうです。

では、カナガンキャットフードはどのような猫ちゃんにおすすめなのか?又おすすめでない猫ちゃんはどんな猫か?をご紹介します。

 

もし、なかなか食いつかないという場合はこちらで確認を⇒キャットフードの食いつきの違いは原材料が原因!?

 

おすすめできない猫とは?


・腎臓が悪い猫ちゃん

カナガンキャットフードは高たんぱくで栄養が充実しています。

 

しかし、腎臓が悪い猫にとってはこれが逆に問題になる可能性があります

 

悪いとまでは断言しませんが、与える時は獣医さんに意見を聞くのがいいでしょう

 

 

・今のフードがお気に入り

今のフードをおいしそうにたっぷりと食べる猫ちゃんには無理矢理フードを変更する必要はないと考えられます。

 

フードが不適切、食べても調子が悪いなら話は違いますが、おいしく食べて健康なら今現在のフードが丁度いいと考えるべきでしょう。

 

 

・安いフードで出費を抑えたい

これは猫ではなく飼い主様の問題ですが、カナガンキャットフードは高品質な分市販のキャットフードよりも価格はお高いです。

 

品質よりもお値段を優先される方にはおすすめできないと言えます。

 


おすすめできる猫とは?

・便秘に悩む猫ちゃん

本来猫はあまり水を飲みません。それに伴って、猫には便秘で苦しんでいる子が非常に多いんですね。

このような便秘で苦しむ猫に、カナガンキャットフードはおすすめです。

カナガンの原材料にはさつまいもといった食物繊維たっぷりのものが使用されているので、便秘解消に実に効果的なんですね。

 

・元気がない、食が細い猫ちゃん

たっぷりと食べてくれる猫ちゃんなら栄養不足になる不安はありませんが、食が細くてもう一つ食べてくれない猫ちゃんは不安になってしまいますよね。

 

カナガンは栄養豊富なので、ちょっとの量でも必要とされる分の栄養をちゃんと摂取できます。
今でもたっぷりと食べられない子猫や、加齢によって摂取できる量があまりなくなった老猫にもピッタリです

 

・アレルギーをもつ猫ちゃん

カナガンキャットフードは穀物を使用していないグレインフリーであることも、アレルギー体質の猫におすすめな理由の一つです。

 

本来肉食である猫は穀物を上手に消化できませんし、猫は穀物にアレルギーを持っている可能性が高いんです。
猫がよく体を掻いているなあと思う飼い主さんは、一度グレインフリーのカナガンにトライすることをおすすめします。

 


我が子にカナガンキャットフードがおすすめと感じたらぜひお試しされてどうでしょうか?

 

愛用者の口コミでもおすすめやおすすめでないなど様々な意見があります。

こちらで紹介しています。是非、見てみてください♪